どうもこんにちわ・・。

またまた更新せず失礼です。
というのもそーせいのあまりの動きに腹が立っていました。

前更新したときはやっとプラテン、なんとかこのまま上げてくれ・・、頼む!(--)と願うも・・

次の日・・18600→16500という超奈落ジェットコースターを形成。
そしてその次の日も一時15600くらいまで下げ、高値から3000円ほどたった二日で下げるという超絶なクソみたいな動き・・。

ブログになんとか利確しないとなんて書いておきながらただ黙って見ているというザマ。


我ながら・・・

 
 

今そーせいは週足チャートの抵抗線が凄く固い壁となっていて跳ね返されてこの展開はありえるのかもとは心の中でちょっと思っていました。
でも決算近いし決算までは上げるだろうというのが本命であり希望を持っていた。
しかしやはり現実は厳しかった・・。

できれば決算勝負はしたくないので決算までにプラスで逃げたかったのですがどうやらそれも叶わなさそうな感じです。

こうなってくると決算勝負!と言いたいところですが今日カルナがかなり悪い決算を出したことにより最近はバイオ全体がヤバイなというイメージがついていますよね・・。

そーせい・・、決算大丈夫なのか?
以前2月に10000円ジャストくらいで決算勝負したときもありましたがあの時は確か為替が大崩れて超絶悪化地合いvsそーせいの超絶素晴らしい決算という記事を上げてたな。

あの時はそーせいの決算が凄く良くて本来ストップ高レベルの決算が殆ど上げずに終わったのを覚えています。
今回はどうなるのか・・?

ここまで来たらそーせいには付き合いたいのですがね。
判断が難しいところです。

今まで決算では痛い目にたくさん合ってきたのでやはり逃げるべきかなぁ・・。
しかし現状含み損だしなんとか取り戻したいという思いも強く。

全く情けない展開ですが株はすべて自己責任。
後悔しないようにがんばりたいと思います。